YANG FAN

上流工程への挑戦と、
優秀なエンジニアとの出会い。
その2つが成長の糧に。

PROFILE

中国出身で、中学3年生の時に家族とともに日本へ移住。大学では数学科を専攻し、プログラミングの講義を通してITの可能性と面白さを知った。興味のあったITと金融の双方に携わりたいと考え、NTTデータ・フィナンシャルコアに入社。入社後はクレジットカード領域の開発部門に配属となり、現在は主に要件定義やお客さま説明、オフショア先との調整など上流工程の経験を積んでいる。

要件定義、顧客提案からリリースまで
上流からトータルに携わる日々

ー現在、NTT データ・フィナンシャルコアでどのような業務を担当していますか?

お客さまである大手クレジットカード会社が利用する、加盟店管理システムの開発部門で小規模な改修プロジェクトなどに携わっています。

ー具体的な仕事内容は?

この業務システムは、精算情報の確認や加盟店の新規登録など7分野に及ぶ機能を一元管理できる大規模システムで、機能追加に伴う使用画面のアップデートや大量のデータ処理の最適化など、さまざまな改修プロジェクトが稼働中です。私はこうした案件に要件定義から参画。先輩のフォローを受けながら、お客さまへのヒアリング、要件整理や顧客提案、製造を行うオフショア先の内部調整や交渉、試験の実施、リリース準備までトータル的に携わっています。

チームリーダー、先輩、オフショア先…。
出会いの数だけ、学びがある

ー仕事を通じて学んだことは?

私はまだ経験が浅いため、要件定義などの重要工程は私の教育トレーナーであるチームリーダーや、周囲の先輩方に必ずレビューしていただいています。特に勉強になったのが、お客さまから多くのご要望をいただき、要件整理で困ってしまった時にリーダーからいただいた言葉です。「ただ言われたまま開発するのではなく、自分でも『なぜ作るのか、ユーザーはどう使うのか』を必ず考えてみること。その上で仕様検討してお客さまとディスカッションすることが大事なんだ。」というアドバイスは、今も常に意識するようにしています。

ーどのような時に、NTTデータ・フィナンシャルコアで働く醍醐味を感じますか?

優秀なエンジニアとの出会いにあふれていて、多くのことを学べるのは当社ならではのやりがいだと思います。実際、リーダーや先輩など社内の方はもちろん、オフショア先の中国の開発チームとのやり取りを通して、コーディングスキルや開発ノウハウを学ぶことも少なくありません。オフショア先は10年以上にわたって加盟店管理システムに携わっており、幅広い知見を持ったエンジニアが数多く在籍しています。そうした方々からケーススタディで生きた技術を吸収できるのは、本当にありがたいなと思います。

経験と技術力を身につけて
日本の「キャッシュレス社会」実現に貢献したい

ーオフタイムについても教えてください。

プライベートの充実が仕事のモチベーションにつながるので、休日やリフレッシュデーは積極的に友人と集まって美味しい飲食店巡りをしています。特に最近夢中なのが、火鍋屋さんとパン屋さん。辛いモノ好き、パン好きの友達とそれぞれグループをつくり、みんなで情報収集をして、毎月食べ歩きのイベントを行っています。新しいパン屋さんに行った際には、お店のオススメとチョコレート味の商品は必ず試すようにしていますね。

ー今後の目標は?

直近の目標は、案件リーダーを任される存在に成長することです。そのためにも幅広い仕事に積極的に挑戦して、大規模開発の中核を担えるような経験と技術力を身につけ、お客さまからも社内からも信頼されるエンジニアになりたいです。また、私の所属する事業部では新たなサービスの企画・開発を行う部門もあり、会社としても新たな挑戦を積極的に行っているので、将来的には次世代の決済サービスの開発に携わるチャンスも十分あります。そうした未来も見据えながら、多種多様な決済方法や決済端末に関する知見を深め、日本社会の「キャッシュレス化」に少しでも貢献できれば嬉しいです。

ONE DAY SCHEDULE
9:00
出社
メールの確認・返信
10:00
チーム内朝会
一日のスケジュール確認・担当案件の進捗報告
10:30
試験項目および試験手順書の作成。
12:00
ランチ。
先輩方や同期と職場近くのお店へ
13:00
チーム内ミーティング。
先輩から成果物のレビューを受ける
14:00
レビュー結果を整理し、手順書を修正
16:00
開発環境にて試験の実施
17:30
勤怠入力
明日のスケジュール確認
18:00
退社

WORK

その他の社員を見る

YANG FAN 2018年入社
YURI KAMIKI 2015年入社
SAORI TASHIRO 2011年入社
TAISUKE HATORI 2010年入社
YUKA IKEDA 2009年入社