TOP MESSAGE

トップメッセージ

金融・決済IT分野の未来を切り拓くチャレンジ

「IT×金融」の世界は今、大きな変革の時代を迎えています。AI、クラウド等の最先端技術の登場により、DX(デジタル・トランスフォーメーション)が加速し、基幹業務システムや決済システムにも刷新が求められています。

こうした金融業界において、私たちはこれまでNTTデータの金融・決済IT分野の中核を担い、高い成長曲線を描いてきました。しかし今後、変わりゆく業界のコアとして、さらなる発展を目指すためには、私たち自身が新たな変化に挑戦して臨むべきだと考えています。

 

そこで2019年、私たちは「挑戦のコアとなれ。Be the Core of Challenge.」という新たな企業ビジョンを策定しました。私たちの最大の強みは、高品質・高信頼の「金融基幹システム」と、先進的かつ高信頼の「金融・決済サービス」、この双方の開発を手掛けていることです。こうしたトラディショナル領域のシステムをより強固に深化させると共に、デジタル化への対応をスピーディに展開するチャレンジの両立を図ることが狙いです。

例えばトラディショナル領域では、フレームワークや自動化などの改善提案や上流工程への積極参画に取り組むことで、基幹システム開発の「深化」と「進化」を推し進める。一方、デジタル領域では、NTTデータとの連携・シナジーや自らの企画提案により、次世代型の決済サービスの開発やマーケット開拓を進め、活躍のフィールドを広げていく――。時代の変化をチャンスに変え、自らの手で“金融の未来”を切り拓くための挑戦はすでに始まっています。

 

教育制度や働き方にも、進化と変化を

私たちの挑戦は、社員のための環境づくりでも進んでいます。例えば、ベテラン技術者から生きた開発ノウハウをケーススタディで学べる「ノウハウ共有会」の展開や、プロジェクト成功のポイントを体系立てて学ぶ施策の始動など、教育制度を積極的にアップデート。さらに課長との1on1ミーティングの実施により成長意欲を高めたり、全社交流イベントや自動化、テレワークの導入などによる働き方改革の推進など、大きなチャレンジを成し遂げるため、より良い職場づくりに注力しているところです。

5年10年先、どのような金融・決済サービスが世界のスタンダードになっているのでしょうか? 激動の時代だからこそ、あらゆる成長と活躍の可能性が私たちにはあります。私たちが求めているのは、しっかりとトラディショナル領域を安定化させつつ、変化する世界を楽しみ、自ら考えアクションを起こせる方。ぜひ、あなた自身が「挑戦のコア」となり、優秀な仲間とのチームプレイでイノベーションを生み出してください。そして、大きな成長を実現していただければ、これ以上嬉しいことはありません。

代表取締役社長
釘宮 英治

Next...

Related Contents